読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんちぇいん

気弱なおっさんがネットの匿名性を良いことに、言いたいことを言い書きたいことを書く そんなブログだったよね

通販雑誌のふりをしているサヨク雑誌 通販生活なんかまっぴら御免

通販生活が2016年の夏号で野党への投票を呼び掛け、それに対する「政治的記事を載せている」「両論併記をしていない」「通販生活は左翼雑誌になったのか」などの批判の声をに対し「編集部からの答え」として以下のような開き直りの文章を掲載。

「戦争、まっぴら御免。原発、まっぴら御免。言論圧力、まっぴら御免。沖縄差別、まっぴら御免。通販生活の政治的主張は、ざっとこんなところですが、こんな『まっぴら』を左翼だとおっしゃるなら、左翼でけっこうです」とした。

また編み物編集者の平野氏によるジャーナリズム論も記載されています。

夏、冬号の特集について、通販生活で読み物編集をしている平野裕二さん(51)は「権力を点検、チェックをした上で批判するのはジャーナリズムとしては当然のことではないか」と淡々と語る。これまでも、自民党だけを批判するのではなく、民主党政権時には、民主党原発政策に対しても注文を付けた。沖縄問題も頻繁に取り上げ、本土への米軍基地引き取り論も展開してきた。

「沖縄差別、まっぴら御免」 「通販生活」冬号が特集

問題の本質がわかってないようなのですが、この件の最大の問題点は通販雑誌のふりして政治活動をしているという点です。

権力チェックごっこのジャーナリズムごっこがやりたければ通販雑誌を使わずにそれ用の雑誌でやればいい話です。

こんな読者を洗脳するような真似をする通販雑誌はまっぴら御免です。

Copyright © 2016 exmobiler.com All Rights Reserved.

http://ift.tt/2eGWTf4

ヤマザキナビスコのオレオとモンデリーズのオレオを食べ比べてみた

会社の売店にまだヤマザキのオレオが売っていたので買い占めてきました。

中国産のオレオと食べ比べてみたのでその結果をレポートします。

まず外見、左がヤマザキ右がモンデリーズ。

これはどちらも光が当たると茶色く光りましたね、ヤマザキは黒く、モンデリーズは茶色いというのは私の思い込みでした。

次にクリーム。

左のヤマザキのクリームの方がやっぱり白っぽいです。
右のモンデリーズはわずかにくすんでいます。

クッキーだけを食べてみた感想。

ヤマザキの方がほのかに甘いです。

クリームだけを食べてみた感想。

こちらも同じくヤマザキの方が少し甘い気がします。

2つをそのまま食べ比べてみた感想。

やっぱり甘味はヤマザキの方が強いと感じます。

クッキー、クリーム、それぞれ単独で食べていたときはほとんど同じという感想でした。

クッキーもクリームもわずかにヤマザキが甘いという感じでそれほど差は感じませんでした。

しかしそれがクッキー二枚とクリームになると結構な違いになります。

しかもモンデリーズは中国産というフィルタを通して評価されます。

食べられなくなったヤマザキナビスコのオレオの味は美化されていくでしょうし、これはモンデリーズにとって結構厳しい戦いのように感じました。

Copyright © 2016 exmobiler.com All Rights Reserved.

http://ift.tt/2de9W65

ニライカナイ氏ツイッターで仲のいい中川淳一郎氏に「逆ギレ」「言い分が珍妙」と記事にされ謎の反応

シン・ゴジラってなんだったっけ?というほど(一部誇張された表現を含みます)それにまつわる言動の方が話題となり、著作権問題で絶賛炎上中のニライカナイ氏ですが…

2ch記者のニライカナイ氏による藤津亮太氏の著作権を侵害問題のまとめ

2ch記者のニライカナイ氏による藤津亮太氏の著作権を侵害問題のまとめ 「ごじつだん」

ウェブはバカと暇人のものなどの著書で知られる中川淳一郎さんとツイッターで仲がいい等の発言が見られましたが…

【悲報】中川淳一郎氏の名前を利用して自己正当化工作に励んでいたニライカナイさん(53)、中川氏からたしなめられる http://pic.twitter.com/MXuujgx508

— あかさ (@kkk2100_01) September 14, 2016

その中川淳一郎さんに今回の一連の経緯を記事にされています。

これがネット掲示板2ちゃんねるに全文転載され、明らかに引用の範囲外であるため藤津氏は著作権違反だと抗議。すると2ちゃんねるのコピペ(転載)担当人・X氏が藤津氏の抗議について「ハエのように五月蝿(うるさ)いんですけど」と述べた上で、ネットに公開された情報はネットユーザーの「共有資産」であると、あまりに独特過ぎる反論ツイートをした。

著作権異議申し立てに逆ギレするネットの異常事態

それに対しニライカナイ氏は「X氏ではなくニライカナイと書いてくれていいです」と謎の注文を付けています。

【悲報】ニライカナイさん(53)、中川淳一郎氏に記事にされさっそく売名開始

著作権異議申し立てに逆ギレするネットの異常事態https://t.co/OviOfamzAXhttps://t.co/Z6TXvGI5MD http://pic.twitter.com/WMRJgLPHtd

— あかさ (@kkk2100_01) September 26, 2016

また「ネットに公開された情報はネットユーザーの「共有資産」であると、あまりに独特過ぎる反論」についても「パブリックドメイン」「フェアユース」という考え方があるので独自見解ではないという発言を行っています。

ちなみに…

パブリックドメインパブリックドメイン(public domain)とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことをいう。日本語訳として公有という語が使われることがある

つまりすでに知的財産権が消滅していてある程度自由に使えるものがパブリックドメインにあたります。

フェアユース著作権者の許諾なく著作物を利用しても、その利用が4つの判断基準のもとで公正な利用(フェアユース)に該当するものと評価されれば、その利用行為は著作権の侵害にあたらない。

つまり、著作物を無断利用しても著作権違反に当たらない判断基準などを定義したものです。
例えば付加価値をつけたパロディや、単にある機能を果たすだけの地図のような物の場合は認められる公算が高いです、など。

いずれの場合も「ネットに公開された情報はネットユーザーの「共有資産」であるなどとは述べておらず、これらをそのように解釈するという事がある意味独特すぎるのではないかといえますね。

また、ニライカナイ氏は発言の中で「2chにリンクされることによって、相関的にポストセブンのPVが伸びることに気付いてからは互いに持ちつ持たれつの関係であることを認識したそうです」とありますが、その発言についてのアンサーと取れるのが当該記事のこの部分になります。

これまで人々が著作権を主張しなかったのは、匿名の有象無象の著作権違反者にクレームをつけてもまともにとりあわれないことが分かっていたため、渋々黙認していたというのが事実だ。

中川淳一郎さんといえば、twitterではunkotaberunoというアカウントで活動されていますが、実際にうんこは食べないらしいので、興味のあるかたはぜひ日頃の発言なども、面白いのでご覧になってはいかがでしょう。

Copyright © 2016 exmobiler.com All Rights Reserved.

http://ift.tt/2dnr73S