あんちぇいん

気弱なおっさんがネットの匿名性を良いことに、言いたいことを言い書きたいことを書く そんなブログだったよね

オペラ座の怪人


時間が出来たので見てきました。
おすぎが相変わらず明後日の方向向いた紹介をCMでやってて不安になりましたが、私は楽しめました。
やはり音楽が格好良いです。特にオープニングで修復されたシャンデリアがつり上げられ、それに伴って老朽化していたオペラ座が名曲オーヴァチュアの調べに乗って蘇っていくシーンなんかは鳥肌物でした。
ストーリーは四季のオペラ座ほぼそのまま。
役者も皆歌がうまく(一部私のイメージと違う人もいましたが)CD発売が今から楽しみです。

ただ、万人向けかというと、正直どうかなぁという気がします。
お話に現実味を求めると突っ込み所は満載だし、今にしてみると古くさい部分も多分にあります。
なにより我慢できないのがなっち(戸田ナツコ)の日本語字幕ですかね。
確かに英文に忠実な訳なのかもしれないですが、叙情性に乏しく、比べると四季の日本語訳がいかに秀逸かよくわかります。
つーか、いくらなんでも「マスカレード!仮面の洪水」は無いだろうと。(涙
ここはやはり四季のように「マスカレード!仮面舞踏会」と訳して欲しかったなぁ。
私は頭の中で歌詞置き換えてみてました(w

しかし、オペラ座の怪人が好きなら楽しめるだろうなぁというのは思いましたし、映画というよりは昔話とかを映像で楽しむ、と考えた方がいいでしょうね。そうやって純粋に世界観を楽しんだ方が得だと思います。
私はもう二回ぐらい見ても良いかな。

こちらのエントリを見て

http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20050208#p1

最初、PCに向かって独り言を言っているのかなあ、なんて思って、ちょっと恐かったのですが、耳にヘッドセットを発見してちょっと安心。

ヘッドセットの使用上の注意にちゃんと書いておかないといけませんね。
「通話中である事を周囲に理解してもらうために、ヘッドセット使用時にも電話は耳の横に構えておきましょう」

キムタクのコーヒーかこう茶のCMのバックに流れている曲

たしかバイオリンとかが格好良かったような気がします。
http://www.beverage.co.jp/nqp/tea/cm.html
もしくは
http://www.beverage.co.jp/nqp/white/cm.html
今音楽聴ける環境に無いのでメモ。