読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんちぇいん

気弱なおっさんがネットの匿名性を良いことに、言いたいことを言い書きたいことを書く そんなブログだったよね

もう少し深い部分まで話してみる

SC01B

もう少しFnキーの位置について書いておきますね。
一応おさらい、こちらが国内で発売されているQWERTYキーの端末のキー配列。


海外の他のどの端末もAltまたがFnキーの位置はこの配列です。
もっと突き詰めて言うと、Altキーはキーボードの一番端かつ本体の一番ヘリに位置しています。
これには深い意味があってですね、記号や数字を入力する際かなり頻繁に押すキーで、それも他のキーと違うのは、押しっぱなしで操作することが非常に多く、そのため押しやすいように端に位置しているわけです。
これが上のBlackBerryのキーボードでAltとShiftが逆の位置であったら。Alt押しながらZをおそうとすると指がかぶるんですよね。そういうことが発生しないように、Altキーはこの位置にあるわけです。
横スライド端末であれば、キーの面積、キートップの大きさなどから他の位置でもあまり問題はないですけどね。
こういうストレートタイプの場合、Altがこの位置に昔からあるのは、単なる昔からの伝統芸能とかいう思考停止の現象ではなく、ちゃんと意味があることなんですよ、というお話です。