読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんちぇいん

気弱なおっさんがネットの匿名性を良いことに、言いたいことを言い書きたいことを書く そんなブログだったよね

WM7でさらに大きなヘマをやらかさないことを願っています

News

Microsoftの先週のビッグニュースは、同社のモバイルOSの最新アップデートとなる「Windows Mobile 6.5」が10月6日にリリースされたことだ。Microsoftスティーブ・バルマーCEOの最近のコメントから判断すると、Mobile 6.5は2010年初頭に「Mobile 7」をリリースするまでの間、同社が市場シェアを何ポイントか増加させるための“つなぎ”的な役割を狙ったものであるようだ。

 Windows Mobile 7の具体的な機能やインタフェースは一切明らかにされていないが、各方面の情報を総合すると、同OSはメジャーアップグレードとなるもようであり、MicrosoftはこれでiPhoneおよびPalm Preと真っ向から対抗する考えのようだ。9月に行われた「Venture Capital Summit」でバルマー氏は、MicrosoftWindows Mobileで「大きなヘマをやらかしてしまい」、本来ならば既にMobile 7がリリースされているはずだったと述べた。
Microsoftの多忙な1週間:「Mobile 6.5」のリリース、FUSEラボの設立、Bingのシェア低下

WMの大きなヘマのひとつは(当然賛否両論ありますが)アプリケーションの提供手段をcabに統一せず複数用意してしまったことかなと結果論的に言ってみます。
あとは簡単にCPUの種類を確認する方法を用意しなかったことですかね。
いや、cabに統一しなかったことで自由度が上がったということや、CPUの確認方法もあるにはあるというのはわかった上で言ってるんですけどね。