読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんちぇいん

気弱なおっさんがネットの匿名性を良いことに、言いたいことを言い書きたいことを書く そんなブログだったよね

続き

日記

ええと、よくOSメーカーの人が言うんですが、それはうちの仕事じゃありません、って言葉。
昔WMで利用できるサービスを用意して欲しいと言ったときにも、OSの基本機能をもう少しまともにしてほしいと言ったときにも同じような返事が帰ってきました。
 
でもね、それははっきり言ってMSが自分の仕事じゃないって線引きして良い事じゃないんです。っていうか、それをMSが仕事としてサービス提供しないと物が売れない時代に来ているんだと思います。

WMで利用できるコンテンツの準備をMSの仕事ではないと線引きしてしまうのは簡単なことです。
が、そんなサービスMSが準備しないでどこがやるんですか?
キャリアやメーカーがやったら絶対に自社製品囲い込みの仕組みになって中途半端なものが出来上がるのは目に見えています。
有志がやるのにも限度があります。
 
基本機能を拡張しないのはサードパーティーの入る余地を残すためだという話をよく聞きますし、OSメーカーは骨子だけ作って肉付けはメーカーに任せるという手法があるのも知っています。
でも、それって事スマートフォンに関しては的はずれな考えだったんですよ。 
そうやって第三者に丸投げしてきた挙げ句が今の体たらくですよ奥さん。
メーカーもキャリアもどう肉付けして良いかわからずに骨子を骨子のままで売ってしまい、素の状態では使い物にならないっていう烙印を押されてカスタマイズ前提のマニアのおもちゃ扱いですぜ旦那。
結局メーカーが肉付けする余地を残して売ったところで、まともに肉付けできてるメーカーなんか1社もありませんでした、という話です。これまでずっとそういう手法でやって来てダメだったから変えようよっていってるんですよね。
 
メーカーが肉付けする余地を残すことと、基本機能をお粗末なまま残しておくのとはイコールではありません。
骨に華美な装飾を施せといっているのではなく、骨をしっかり作れと言ってるんですよね。
まともなファイラ、使えるメディアプレーヤー、便利なメーラー、活用できる画像とビデオ、OSの基本部分をしっかり作ったからって、メーカーやキャリアが入る余地なんていくらでもありますよ。
こういう部分をしっかり作ることと、UIをiPhoneっぽく作ることと、どっちが大事なことだと思いますか?