読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんちぇいん

気弱なおっさんがネットの匿名性を良いことに、言いたいことを言い書きたいことを書く そんなブログだったよね

WMWifiRouter

無線LAN搭載端末を無線LANモデムにするソフトウェアが、日本語で出ていますね。

導入後起動すると言語設定画面が立ち上がります。
デフォルトで日本語が選択されているのでそのまま「OK」を選択します。
 

セットアップ画面が起動するので、端末側のWifiを起動し「次へ」を選択します。
 

端末側のどの接続設定を利用するか聞いてきます。
S21HTに導入したので、今回はembを選択しました。
 

このあたりの細かい設定はとりあえずデフォルトのままでたいてい大丈夫です。
どんどん進んでいきましょう。
   

気をつけるべきなのはここのWEPキーです。
PC等がWifiRouterを利用するときにつかう接続のパスワードのようなものです。
ここはとりあえずしっかりと設定しておきましょう。
今回はとりあえず数字10桁で1234567890としておきました。
よい子はまねしちゃだめですw
  

ここから完了まではまたほとんどデフォルトのままで大丈夫です。
サクサク進めましょう。
   

次にシリアルキーを入力して、利用許諾に同意するといよいよWifiRouterが起動します。

「接続」から「携帯電話からWiFi」を選択すると、接続待ち状態に移行します。
この間結構かかります。
  

準備完了になったら、接続する端末側から無線LANでサーチをかけます。

端末側からは設定時に指定した名前のアクセスポイントとして見えてきます。
選択してWEPキーを入力して接続しましょう。
  

以上で接続できました。
終了時には「接続」メニューから「切断」を選択すれば切断できます。

今回はPCからの接続を紹介しましたが、実際のところほかのWM端末から無線LAN経由で接続ができるのが非常に重宝する点ですね。
結構お勧めなので一度使ってみてはいかがでしょうか。

URL:http://mb.bbsoft-direct.com/mobile/pc/detail.do?goodsId=CBVDL00010
価格:2520円