あんちぇいん

気弱なおっさんがネットの匿名性を良いことに、言いたいことを言い書きたいことを書く そんなブログだったよね

吹き抜ける風にさえ、目を閉じる

復活とかそういう影響かもしれませんが

風が強い中「嵐吹く〜この町が〜お〜まえ〜を抱く〜」などと口ずさみながら出社。


交差点で「おまえ〜は走り出す〜」と歌いながら走りすぎていく会社の同僚に追い越されました。