あんちぇいん

気弱なおっさんがネットの匿名性を良いことに、言いたいことを言い書きたいことを書く そんなブログだったよね

二件目

二件目はちょっと知ってる人のお店。
おいしかったです。


まずは・・・ええと・・・たたきでしたっけ。(汗
なかなかおいしかったです。


イカ。
まだ生きていてaviさんはそのイカと格闘していました。
非常においしかったのですが、個人的には刺身用の甘いたまり醤油より、塩辛い普通の醤油で食べる方が関西の人間には馴染みあるかなぁと思ったり。


このお店の最大のヒット、板長泣かせのうに丼(でしたっけ??)です。
もうそら、板長も校長も泣くわって感じで。
ご飯、のり、そして下に隠れている卵黄の相性がバッチリ。痛風患者にとどめの一撃って感じです←おい
暖かい卵黄がからまったご飯が、うにをどっしり受け止めて、ああ、うに丼ってこんなにうまいんだぁ、と感動しました。
のりは若干少なめのほうがウニと卵の風味が感じられていいと思いますね。
「もう食べれない」とか言っていたaviさんが飲むようにかきこんでいたのが印象的。

おかわりした奴がいました(w




先ほどのイカのげそを塩焼きにしてもらったもの。
これがまたたまらんぐらいうまい。
刺身で食っていたイカの足を塩焼きって贅沢だけど、この贅沢さがうまさの秘訣だと思います。


タイのゴマダレ。
ゴマの風味とタイが見事にマッチしています。
ワカメや大根など周りの付け合せまでおいしくいただけました。


アスパラのバターいためか何か。
個人的にはこの料理だけがあまり箸が進まなかったです。
というのも、実は私はアスパラの青臭さがちょっと苦手で、こういう切断面の大きい切り方だと、その苦手な青臭さが前に出てくるんですよね。
でも、アスパラの青臭さが好きな人って多いと思うので、これはこれで全然OKだと思います。

広告を非表示にする